犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ペット用マイクロチップを付ける意味はありますか?

 

海外では、自分のペットにペット用マイクロチップを付けるのがポピュラーになっていますが、これはマイクロチップに対する対応などが万全だからなのかもしれません。

 

ここ数年日本でも、少しずつマイクロチップに関する情報も増え、認識もされ始めています。

 

しかし、実際のところはマイクロチップを付けても、それを読み取る機械が普及していないので、果たして意味があるかどうかは疑問に思ってしまう部分もあります。

 

例えば、マイクロチップを付けているワンちゃんが迷子になったとしましょう。

 

迷子の犬を保護しても、その犬がマイクロチップを付けているかどうかは外見からは判断できませんし、いちいち読みとる機械を使い確認することもほとんどされないのが現状のようです。

 

飼い主からの届け出や依頼がない限り、担当者達は確認はしてくれないようです。

 

また、常に気を付けていれば犬が迷子になることもそうないと思います。

 

マイクロチップを付けていれば万が一迷子になった時には、場合によってはその犬が自分の犬であると確認でき、証明もできますが、そうそう迷子になることがなければ必要ないのでは?とも思います。

 

犬を飼う時に義務付けられていると言うのであれば、話は変わってきますが、日本の現状と犬が暮らす環境を考えた時、迷子になる確率が高くない限り、必要ないと個人的には思っています。