犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

急に愛犬の食欲が無くなった場合は、どうすればいいですか?

 

犬の元気な状態を見極める目安になる一つが、食欲の有無です。

 

犬の食欲がなくなるという事は、必ず何か原因があるので、まずはその原因を確かめることが大切ですね。

 

昨日まで普通に食べていたのに、今朝になって突然食欲がなくなった時は、とにかく動物病院に連れて行くのが一番いいと思います。

 

検査や診察をして、食欲がない原因が分かれば、原因に応じて適切な処置ができるからです。

 

犬の病気にも色々ありますが、症状の一つに食欲低下、食欲不振などもあるので、急に食欲が無くなった場合は、とりあえず病院に連れて行きましょう。

 

また、食欲がなくなるのは、病気だけとは限らない場合もあります。

 

例えば、夏の蒸し暑い時期は、私たち人間も暑さのあまり夏バテ気味になりますね。

 

これは犬にも言えることで、夏バテをしている時は、一時的に食欲がなくなることがあります。

 

また、メスの場合は1年に2回ほど生理がありますが、犬でも生理痛のような症状があり、生理の時だけ食欲が低下する犬もいます。

 

ただし、これは個体差があるので、全てのメス犬がそうなるとは限りません。

 

性格的に神経質で臆病な子は、叱られたり、ショックなことがあった時に、食欲がなくなることもあります。

 

ドッグフードの風味が飛んでしまう事もありますね。

 

例えば、大袋で購入する場合、注意していてもどうしても残り少なくなる頃には、最初のフードに比べて風味が飛んでしまうので、美味しくないと感じると食べないグルメな子もいます。

 

急に食欲が無くなった場合は、まずその原因を確かめ、それに応じて対処していきましょう。