犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

フードを食べ残した場合は、どうすればいいですか?

 

犬にも個体差があるので、出されたものすべて平らげるとは限りません。

 

中には多ければフードを残してしまう子もいます。

 

これは1回の量が多いからではないでしょうか?

 

残した分を見極めて、次からはその分だけ減らしてみると、キレイに食べてくれることもあります。

 

多頭飼いの場合は、誰かが食べ残すと、食いしん坊の子がすかさず横どりしますが、これをしているとその子だけブクブクと太っていくので、我が家では残してもすぐに食器を下げてしまいます。

 

犬も体調や季節によって、食欲が低下することもあれば、増加することもあります。

 

食べ残した場合は、その子にとっては量が多すぎるのかもしれませんので、減らしてみましょう。

 

もしも、減らしすぎて、食事の後もいつまでも食器をペロペロと舐めているようなら、食事の量が少なすぎて足りていないのかもしれません。

 

そういう時は、ひとつまみ追加すればいいんです。

 

フードを食べ残した場合は、すぐに下げるのが一番いいと思います。

 

私も以前、置き餌をしていたことがありましたが、これをしてしまうと、好きな時に食べればいいとなってしまうので、リズムが狂ってしまいます。

 

また、特に健康に問題がなくても、蒸し暑い夏には犬も食欲が落ちたり、夏バテすることがあります。

 

そういう時は、いつもと同じ量を与えても残してしまう事もあります。

 

季節や体調を考えながら、犬の食事の量も調節してみましょう。