犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の血統書

 

純血種の場合には、血統書が発行されますので、犬を飼った時に血統書をもらうと思います。

 

よく聞く血統書ですが、これって一体どんな意味があるのでしょうか?

 

簡単に言うと、犬の血統を管理し、純血と認められた犬種の維持と保存のために発行される犬の身分証明書のようなものですね。

 

日本の犬の多くは、JKC(ジャパンケンネルクラブ)が血統書を発行しています。

 

ケンネルクラブは世界中にも存在しており、ドッグショーで有名なアメリカはAKC、イギリスはKCと言う団体があり血統書を発行し、血統を管理しています。

 

両親犬同士が、血統書を持つ純血種だったとしても、異なる犬種同士を交配させて産まれた仔犬は、雑種扱いになるので、血統書は発行されません。

 

純血種ならどんな犬でも血統書が発行されるかというと、そうでもないのです。

 

まず、登録する犬のオーナーがJKCの会員にならなければいけません。

 

例えば、犬をブリーダーから譲り受けた場合、血統書の名義はブリーダー名義になっていますので、新しい飼い主さんが名義変更をしたい場合には、飼い主さんがJKCの会員にならないと行けないのです。

 

さらに犬のDNAを登録する必要もあります。

 

これをしないと純血種であっても血統書は発行されませんので、注意しましょう。

 

JKCの公式サイトから申請書をダウンロードすることもできますので、必要な場合には入手しておくといいですね。

 

普通の家庭で家族の一員として暮らす場合には、血統書の出番はあまりありませんが、もしも交配させる場合には必ず必要になりますので覚えておきましょう。