犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬のしつけは、なぜ必要なんですか?

 

例えば、人間の子供で考えてみましょう。

 

学校にも行かず、勉強はもちろんのこと誰とも接しないで大きくなったら、どんな人間になると思いますか?

 

チョット飛躍しすぎかもしれませんが、犬のしつけも同じことなんですね。

 

いくら家族の一員として大切に思っていても、本能の赴くまま好き勝手にさせていたらどうなると思いますか?

 

室内犬だった場合、トイレもしたいところにし放題、誰かが何かを食べていたら、それを欲しがり飛びかかってくるかもしれません。

 

どんなに賢いと言われている犬種でも、飼い主さんが、やっていいことと悪事をしっかりと教えていかなくてはいけないのです。

 

最初から何もかも出来る犬はいません。

 

しつけをして初めて色んなことが上手にできるようになるのです。

 

また、犬はあごの力がとても強いので、例え小型犬といっても、本気で噛みつかれたら怪我をしてしまいます。

 

とは言っても、飼い主が暮らしやすくするためだけにしつけが必要だというわけではありません。

 

犬が人間社会で安心して快適に暮らしていくためにも必要なことです。

 

他の人に迷惑をかけないようにするという意味もあります。

 

飼い主がきちんとしつけをせず、犬が人に襲いかかったり、噛みついたりした時、本来ならば飼い主が犬の分まで罰せられるべきだと思います。

 

結局はしっかりと飼い主がしつけをしていないために、他の人にも迷惑がかかるという事ですね。

 

世の中には犬好きな人ばかりとは限りません。

 

そういう人にも迷惑をかけないようにすることも大切なことです。