犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

物を噛む癖を治すには、どうすればいいですか?

 

物を噛む癖も、子犬の時からの習慣が大切になります。

 

犬はどうしても何かを確認する時、匂いを嗅ぎ、口に入れ、噛んでそれが何であるかを確認しようとします。

 

でも、室内や室外でも噛んでほしくないものや、噛んでしまうと危険なものもありますね。

 

まず、仔犬の甘噛みの時に人の手や足、スリッパや家具など噛もうとしたら、イケナイと教えて行きます。

 

何かを噛もうとしたら、「あー!」とか、「だめ!」と大きな声を出すだけでも、驚いて噛むのをやめるので、まずはすかさずやめさせるようにします。

 

噛むことでストレス解消になる場合もありますね。

 

でも家具やスリッパなど噛まれては困りますね。

 

その代わりに、噛んでもいいおもちゃやガムを与え、それを噛むようにすればいいんです。

 

それでも、物を噛む癖が抜けないのなら、苦みのあるスプレーを噛んでほしくないものに噴霧しておきます。

 


 

噛んだ時に犬が嫌がる苦い味がするので、次第に噛まなくなっていきます。

 

この苦み成分はリンゴの皮から抽出しているものなので、安心して使う事ができます。

 

持続性がないので、何度もスプレーしなくてはいけませんが、無理やり叱ったりせずに済むのでこういうのもを試してみるのもいいと思います。

 

甘噛みのうちにしっかりとしつけをしておかないと、後々大変になってきますので、仔犬の頃に物を噛む癖を付けないようにすることも大切です。