犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の抱き方

 

意外と勘違いしている人が多い、犬の抱き方について考えてみましょう。

 

あなたは犬を抱く時、どういう風に抱いていますか?

 

前足の両脇を持ち、下半身は宙ぶらりんにしていませんか?

 

この抱き方は犬が一番不安になってしまう抱き方なので、抱き上げても犬が嫌がり暴れてしまう事があります。

 

誤って落下させると場合によっては怪我をさせてしまったり、仔犬や小型犬の場合は命にかかわることもあるので、正しい犬の抱き方を覚えておきましょう。

 

犬の大きさによって、抱くのにも限界がありますが、ここでは小型犬、中型犬について説明をしておきます。

 

まず、最初に前足の両脇を持ってもいいのですが、できれば、その時にお腹やお尻にもう片方の手を添えて持ちましょう。

 

犬を自分の前に持ってきたら、抱き上げる場合には、犬のお尻と前足を両方の手でしっかりと支えて固定します。

 

お尻が安定していると犬も安心できますので、暴れることもなく大人しくしてくれるでしょう。

 

両手で抱える感じで抱くのが正しい抱き方です。

 

抱く時に、肩に犬を乗せる人もいますが、飼い主の顔よりも犬が高い位置にいた時、自分の方が飼い主より優位であると勘違いしてしまう事があります。

 

また、肩に乗せて抱いていると、犬が動いた時とっさの判断ができず落下させてしまう事もあります。

 

この抱き方で肩の高さから落下して死んでしまったチワワや仔犬も実際にいるのです。

 

肩に乗せて抱くのは危険ですし、犬に勘違いをさせることになるのでやめましょう。