犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

引っ張り癖が直らない場合は、どうすればいいですか?

 

引っ張り癖と言うのは、直らないのではなく、しつけで飼い主さんが直して行くものなのです。

 

お散歩の時にリードをグイグイと引っ張って、先を歩こうとする場合は、しつけで引っ張ってはいけないという事を教えていく必要があります。

 

一番効果的なのは、引っ張り癖を直すための専用のリードやカラーを使う事だと思います。

 

お散歩の時、主導権を握るのは犬ではなく、リーダーである飼い主さんです。

 

犬が引っ張った時、一瞬リードを強めに引き、軽くショックを与える方法もあります。

 

ショックを与えなくても、犬が引っ張ろうとした時、特殊な構造のハーネスを使う事で、犬の体が横を向いてしまい「自動的にまっすぐ歩く=静かに歩くようになる」というグッズがあります。

 

値段もお手頃価格ですし、プロのドッグトレーナーさんも使っているようなので、調べればすぐにわかると思います。

 


 

わざわざ専用のリードやカラー、ハーネスを購入しなくても、今あるもので工夫すれば、引っ張り癖を直すことができます。

 

要領は同じです。

 

犬が引っ張ったら、リードを一瞬強く引き、イケナイ、マテなど声をかけながら、引っ張ってはいけないという事を教えて行けばいいのです。

 

ただし、リードを引く力加減は犬の大きさによって、加減してあげましょう。

 

大型犬ならば、少し強めに引いても大丈夫ですが、小型犬に対して力いっぱい引いてしまっては、怪我をさせてしまう事もあるので、注意しましょう。

 

引っ張らずに、上手に歩けた時は褒めてあげましょう。