犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の体の正常値

 

犬の体の正常値を知っておくことで、健康管理にも役立ちますし、何か異変や異常があった時に比較できますね。

 

病気の場合も早期発見につながるので、犬の体の正常値を知っておきましょう。

 

まずは体温からです。

 

犬の平熱は人間よりも少し高めになるので、触った時に「ちょっと熱がある?」と感じるくらいです。

 

犬の大きさや年齢でも異なってきますが、平均で言うと、犬の体温は37度〜39度が平熱です。

 

小型犬や仔犬の場合は、これよりも高い場合もありますが、平熱であれば特に問題はないでしょう。

 

体温を計る時には、犬用の体温計を肛門に入れて直腸の温度で計ります。

 

耳で測れる体温計もあるので、難しい場合にはそちらを使ってみてください。

 

次に、脈拍、呼吸数、心拍数です。

 

1分間にどれだけかを計っておきます。

 

1分間計るのが難しい場合には、15秒間計り、それを4倍してもOKです。

 

脈拍数は、小型犬の場合は1分間に、約60回〜120回で、中型・大型犬の場合は、60回〜80回です。

 

計る時は、両足の付け根の内側を触り脈を数えるか、直接心臓の音を聞いてもいいでしょう。

 

呼吸数は、小型犬の場合は、1分間に20回〜30回、中型・大型犬の場合は、10回〜15回です。

 

これは犬を見ながら呼吸する時、お腹が上下したりするのを確認して数をカウントしてみましょう。

 

寝ている時がわかりやすいかもしれません。

 

心拍数に関しては、1分間に約80回〜120回で、小型犬の方が少し多い場合もあります。

 

心拍数を計る時も、脈拍数を計るのと同じように数えてください。

 

これはあくまでも平均なので、個体差は多少あります。