犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の肛門腺が破裂した場合は、どうすればいいですか?

 

まずは、犬の肛門腺について知っておくことが大切です。

 

犬の肛門の周りには、独特の匂いを出す肛門腺というのがあります。

 

これは犬ごとに匂いが違うので、犬同士が個体を識別する時にも役に立ちますし、犬は排泄の時に、この匂いをつけ、自分のテリトリーであると主張することができるのです。

 

大型犬の場合は、排泄時に自然と肛門腺も排出されることが多いのですが、小型犬の場合は自然に排出できず、肛門腺が溜まってしまう事がります。

 

この時、しきりにお尻を気にしたり、床にこすりつけるようなしぐさをします。

 

この時は、肛門腺が溜まっていると言うサインであると覚えておきましょう。

 

肛門の4時と8時の辺りを目安に、絞り出すようにして溜まっている肛門腺を絞ってあげる必要があります。

 

肛門腺を自分で排出出来ない場合には、絞ってあげることで、炎症を起こしたり、破裂することもなく、予防にもつながるので、定期的に絞ってあげましょう。

 

どうしてもできない場合には、トリマーさんや動物病院でも処置をしてもらえるので、任せてみるのもいいと思います。

 

もし、肛門線が破裂してしまった場合には、できるだけ早く病院に連れて行ってあげてください。

 

破れた組織をそのままにしておくと、細菌感染を起こしたり、炎症も酷くなるのですぐに適切な処置が必要になります。