犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の口臭が強い場合は、どうすればいいですか?

 

犬も人間と同じように、食べたら歯を磨くのが理想です。

 

毎日食事をすれば、当然食べカスも付きますし、歯垢もたまっていきます。

 

これをそのままにしておけば、人間と同じように歯垢から歯石になり、歯肉炎や歯槽膿漏になり歯周病へとつがなって行きます。

 

こうなると、ものすごくきつい口臭がしてきます。

 

当然、口腔内も細菌がいっぱいになるので、健康面にも影響が出てきます。

 

歯槽膿漏が進めば、歯を支えている骨を溶かしてしまうので、最終的には歯が抜け落ち、次第に物を噛めなくなっていきます。

 

この場合、一番理想的なのは、仔犬の頃から歯磨きの習慣を付けるという事ですね。

 

無理やり押さえつけたりしてしまうと、歯磨きをさせてくれなくなるので、嫌がらないように遊びながら楽しく歯磨きができるようにしてあげましょう。

 

すでに、成犬になり口臭が気になっているのなら、歯磨き効果のあるガムなどを与えるのもいいと思います。

 

すでに歯石となり、こびりついている場合は、歯磨きや歯磨き効果のあるガムを与えても、歯石は除去できません。

 

この場合は、全身麻酔をかけ、専用の機械で歯石を除去してもらいます。

 

動物病院で相談すれば、歯石除去をしてもらえるので、相談してみるのもいいと思います。

 

仔犬の頃から歯磨きの習慣を付けるというのも大切なことですし、口腔内が清潔だと、長生きの秘けつにもなると覚えておきましょう。