犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬が咳をしている場合は、どうすればいいですか?

 

犬が咳をするのは、必ず何か原因があるはずです。

 

この場合も、まずは動物病院に行きその原因を確認し、原因に応じた治療をするのが一番なのではないかと思います。

 

犬の咳にも色々な原因が考えられます。

 

肺炎を起こしていることもあれば、気管支炎や、ケンネルコフの可能性もあります。

 

フィラリア症にかかっているかもしれませんし、心不全や心臓の病気になっている可能性もあります。

 

犬の年齢などにもよりますが、犬も高齢になってくれば人間のように老化が進み、色々なところにトラブルが起きてきます。

 

もしかしたら、生まれつき持っていた病気(遺伝性のもの)が発症したのかもしれません。

 

咳をするというだけで、何の病気なのかを判断するのは難しいのですが、咳をする時間帯や、どんな感じの咳をするかなども詳しく獣医に伝えることが大切です。

 

我が家の場合は、高齢犬がいますが、たまに急いで何かを食べた時に喉に詰まらせて、ゲホゲホとむせたような咳をすることがありますが、この場合はすぐに落ち着きます。

 

しかし、このような原因がないのに咳をする場合は、病気の可能性も高いので、必ず動物病院で診察を受け、その原因を確認して適切な治療を行いましょう。

 

咳以外にも、何かの病気になっている場合は、呼吸がいつもと違っていたり、熱があったりなど必ず他にも症状が出ているはずです。

 

毎日のスキンシップをすることで、こういう変化にもすぐに気付くことができるので、スキンシップも大切なことです。