犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の血液型

 

犬にも血液型があるのを知っていましたか?

 

犬の場合は、DEA「Dog Erythrocyte Antigen(犬赤血球抗原)」という赤血球の型で血液型が決まります。

 

犬の血液型は、全部で13種類あると言われています。

 

国際的に認められ使用されているのは、実際には9種類になっているようですね。

 

1.1型、1.2型、1.3型、3型、4型、5型、6型、7型、8型という風に分けられ表示されます。

 

犬の血液型の場合は、人間とは少し違った考え方になっているようですね。

 

よく動物病院に輸血用の犬を飼っているところがありますが、「血液型が違ったらどうなるんだろう?」と思います。

 

しかし、犬の場合は血液型よりも、血液型の+陽性、−陰性かで決まってくるのです。

 

ただし、犬は人間のA型、B型とは少し違う分類分けをしているので、自然の抗体というのを持っていないのです。

 

ですから、もしも輸血が必要になった場合には、最初だけどちらの血液でも輸血が可能になります。

 

ただし、この時に輸血した血液が、+陽性ならば、+陽性の抗体ができているので、次に輸血する時は、必ず+陽性の血液でないといけないのです。

 

これはあくまでも緊急の場合なので、犬でも同じ血液同士での輸血が一番べストという事になります。

 

愛犬の血液型を知っておきたい時には、動物病院でも血液型を調べてもらえるので、健康診断の時にでも調べておくといいですね。