犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬が足の先をずっと舐めている場合は、どうすればいいですか?

 

犬は舐めることで、毛づくろいをしているので、ある程度舐めるのは異常ではないと思います。

 

ただし、あまりにも長時間足の先を舐め続けて、炎症を起こすほどだと、それをやめさせないといけません。

 

酷い場合には、化膿してしまう事もあります。

 

犬は強いストレスを感じた時に、こういう行動に出ることがあります。

 

足の先を舐めているから叱るのではなく、犬にストレスがたまっていないか、それを考えてあげることも大切なことです。

 

また、アレルギーやダニが原因で、足の先や指が痒くて、舐めている場合もあります。

 

この場合はアレルゲンを確かめ、それを取り除くことと、ダニが原因ならばダニを駆虫し、適切な治療を受けさせ、清潔な状態にすることが先決ですね。

 

犬が足の先をずっと舐めている時は、まず犬の指や足先を見てみましょう。

 

赤くなっているようなら、炎症を起こしているので、すぐに治療をしないと炎症が酷くなり、化膿してしまう事もあります。

 

また、栄養が十分に足りていない時にも、このような行為をすることがあるので、食事の内容や質なども見直してみましょう。

 

ストレスを感じている場合には、飼い主さんと十分なコミュニケーションが取れていますか?

 

毎日のスキンシップの時間を増やしたり、遊びの時間や、散歩の時間を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

寂しさからくるストレスなら、こういう事で改善されることもあります。

 

犬が足の先をずっと舐めている場合、ただやめさせようとするのではなく、その原因を確かめそれに応じた対応をしていくことも大切なことですね。