犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の肉球にいぼがある場合は、どうすればいいですか?

 

犬の肉球にいぼがある場合は、たんなるイボなのか腫瘍なのか、素人では判断できませんので、動物病院で診てもらうようにしましょう。

 

犬にも色々な体質があり、イボのようなものができやすい子もいますね。

 

何でもないただのイボなら問題ありませんが、飼い主さんが外見でそれを判断することは難しいので、一度しっかりと検査をしてもらった方がいいと思います。

 

参考になるかどうかわかりませんが、我が家の犬の場合を紹介しておきます。

 

確認できているだけで、4ヶ所(ひげの生えているところ、脇、あご、頭)にいぼがあります。

 

以前、子宮蓄膿症になった時、ひげのところにあるイボが巨大化していたことがありました。

 

イボ自体は特に問題ないと言われていたので、そのままにしていましたが、子宮と卵巣を摘出した後、そのイボも自然と小さくなり、今ではほとんど毛に隠れて見えなくなっています。

 

これがどういう関係があるのかは、はっきりとわかっていませんが、もしかしたら他の病気があったので、イボが大きくなったのかもしれないと言われました。

 

同時に、乳腺にもしこりがあったので、この時に切除してもらいましたが、今のところはしこりの再発もありません。

 

乳腺のしこりは、子宮との関係も大きかったようです。

 

肉球のイボとは少し事情が違いますが、何か出来た場合には、腫瘍の可能性もありますので、それが何であるか、きちんと検査しておくことをオススメします。