犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の乳にしこりがある場合は、どうすればいいですか?

 

犬の乳にしこりがある場合も、まず病院に行き獣医さんに診てもらうのが一番いいと思います。

 

しこりにも、良性のものと悪性のものがあります。

 

見た目や触った感触だけでは判断できないので、組織を取り検査をしてもらうという方法もあります。

 

犬種によっては、しこりのできやすい犬種もいるので、犬を飼う前にその犬種にはどういう特徴があるのかとういう事も確認しておきたいですね。

 

良性のしこりの場合は、対処法も色々ですが、悪性のしこりの場合は乳がんの可能性も高いですし、他の部分に転移する可能性も高いので、できるだけ早く検査をし、確認することが大切です。

 

人間同様に犬も早期発見、早期治療が大切だという事を覚えておきましょう。

 

犬の乳にしこりが見つかった場合は、手に触れない部分にもしこりができている場合があります。

 

これは、レントゲンを撮ったり、超音波検査をしないとわからないので、やはりしこりが見つかったらすぐに病院に連れて行き検査を受ける方がいいと思います。

 

ガンだった場合は、命に関わる場合もあるので、できるだけ早く検査をして、治療や手術が必要ならば、それも早い方がいいですね。

 

病気予防のためには、毎日のスキンシップと日ごろの健康管理も大切になってきます。

 

スキンシップで、しこりを発見できることもあるので、スキンシップの大切さをもう一度見直してみましょう。