犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の治療費

 

犬も一生健康で病気一つしない子もいれば、病気がちで動物病院のお世話になる子もいます。

 

動物病院の場合は、人間の病院のように保険制度がないため、治療費などは全て自費になります。

 

さらに犬の治療費については、各動物病院でも設定金額が違うので、一律ではありません。

 

ある意味、各獣医師の言い値になってしまうのです。

 

でも、その地域の相場というのもありますので、多少の違いはあるものの、どこもそれほど大きな違いはないと思います。

 

ここで、一般的な平均の犬の治療費を紹介しておきますので、目安として参考にしてください。

 

まず初診料は、1,000円前後のところが多いです。

 

体調を崩したり、怪我をしたりと治療内容によっても変わりますが、注射をする場合、皮下注射・筋肉注射は約1,200円〜1,300円、静脈注射で約1,500円、動脈注射で約3,500円となっています。

 

同じ注射でも、種類によって料金が変わってくるんですね。

 

治療以外に入院が必要になった場合も、犬の大きさによって料金が変わってきます。

 

小型犬は約2,500円〜3,000円、中型犬は約3,500円〜4,000円、大型犬は5,000円〜となっています。

 

この他、手術は病院によってかなり変わってくるのであまり参考にはなりませんが、避妊手術で20,000円〜30,000円、去勢手術で約15,000円(どちらとも麻酔や技術料は除く金額です)といった感じでしょうか。

 

あくまでも平均なので、もっと良心的な料金の場合もあれば、信じられないくらい高い場合もあります。