犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬が毛虫を踏んだ場合は、どうすればいいですか?

 

犬が毛虫を踏むことは、春から初夏にかけて毛虫が大量に発生した時、よくあることですね。

 

もしも犬が毛虫を踏んでしまった場合には、人間で言えば裸足で毛虫踏んでしまったのと同じ状態なので、そのまま放置せず、適切な処置が必要になります。

 

毛虫の種類にもよりますが、トゲのように毛虫の毛が刺さっていることがあるので、まずはそのトゲのような毛を取り除いてあげることが先決です。

 

ただし、飼い主さんが応急処置として、毛虫の毛をテープを使って取ったり、水で洗い汚れを取るという事もできますが、下手にいじってしまうとかえって悪化させてしまう事もあるかもしれません。

 

適切な処置の仕方がわからない場合は、すぐに病院に連れて行き、毛虫を踏んでしまったことを告げ、適切な処置をしてもらうのが良いでしょう。

 

犬が毛虫にさされると、急に元気がなくなったり、場合によっては嘔吐することもあります。

 

消毒液があれば、毛虫に刺された箇所を消毒することで、半日〜1日ほどで症状が回復します。

 

消毒液を塗る場合は、犬が消毒液を塗った箇所をなめないように注意しましょう。

 

もし、1日経っても症状が改善されない場合は、すぐに動物病院に連れて行き、適切な治療をしてもらいましょう。

 

毛虫を踏むことは毎年起こる可能性のあることなので、この時に次にこうなった時の応急処置の仕方を聞いておくようにしましょう。

 

お散歩の時は、木の下を通らないようにしたり、道に毛虫が落ちていないか注意深く見ながら歩くようにしたり、犬が毛虫を踏まないように注意するのも予防になりますね。

 

ちなみに、毛虫は死んでいる状態でも毒が残っている場合もあるので注意しましょう。