犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の視覚

 

犬の視覚について考えてみましょう。

 

私たちから犬を見た時、それぞれの毛の色や顔つきなどキレイに見えていますが、犬から見た時はどういう風に見えているのでしょうか?

 

よく犬の写真を撮る時、フラッシュのタイミングによって目が光って怖い顔に見えることがありますね。

 

これは、犬は元々夜行性だったため、目の網膜の裏側に特殊な層があるからです。

 

この特殊な膜があるおかげで、暗闇でもよく見えるようになっているのです。

 

それが反射して、写真を撮った時に光って見えるんですね。

 

また、目にある神経の数が人間と違うために、色を見分ける力はあまりないとされています。

 

この為、犬は2色しか見分けることができないとも言われているのです。

 

赤や緑は見えないので、常にセピアカラーのように見えているそうです。

 

しかし、暗闇では人間が何も見えないような状態でも、白と黒の識別はできるので、狩りをしていた時代はこの視覚能力が役に立っていたというわけです。

 

犬が物を見る時は、常にピントがぼやけた状態で、視野も狭いのであまり視覚は発達しているとは言えない部分もあります。

 

近くで見ればわかるとは思うのですが、70センチ以上離れると、ピントを合わせることができなくなるので、常にピントがぼやけた状態になります。

 

カラフルなおやつや、ドッグフード、洋服などは、犬にとってはキレイに見えていないんですね。

 

視覚がよくない分、嗅覚が優れているのだと思います。