犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の偽妊娠って何ですか?

 

犬の偽妊娠は、人間で言う想像妊娠と同じ状態と考えれば良いでしょう。

 

ただし、人間とは若干違いがあります。

 

人間は自分で望み妊娠したいと希望しますが、犬の場合は自らの意思で妊娠したいと思い、交配することはほとんどありませんね。

 

しかし、交配をしていない犬にも偽妊娠が起こることがあります。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

犬の偽妊娠の一番の原因は、ホルモンバランスだと言われています。

 

人間との共通点としては、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが大きく関係しています。

 

しかし、犬の場合は発情を迎えると妊娠の有無に関わらず、黄体ホルモンが分泌されます。

 

発情の期間にも個体差がありますが、1ヶ月〜2ヶ月ほど黄体ホルモンが分泌され続けるため、体は妊娠している状態と錯覚してしまうのです。

 

偽妊娠の場合は、お腹も大きくなってきますし、巣作りのような行動をとったり、乳房も張ってきたり、つわりがあったりと、ほとんど妊娠している状態と同じになります。

 

交配をして仔犬の誕生を心待ちにしている飼い主さんにとって、妊娠の症状が現れた時は嬉しいものですが、偽妊娠の場合は発情の終わりと共に、症状も治まり何もなかったかのように元に戻ってしまいます。

 

妊娠したと喜んだのもつかの間、実は偽妊娠だったという事も決して珍しくないのです。

 

見極め方の目安としては、発情後20日前後でつわりがあるのが、本当に妊娠している時であり、1ヶ月以上経ってつわりのような症状があった時は偽妊娠の可能性が高いと言われています。