犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

鼻が変色した場合の犬の病気は何ですか?

 

犬の鼻が変色した場合は、いくつかの原因が考えられると言われています。

 

一つは、ウィンターノーズ(スノーノーズ)と言って、冬季になると鼻の色が変色します。

 

冬の間はどうしても日光浴が十分にできないために、紫外線を浴びることも少なくなりますね。

 

このことが原因で鼻が変色します。

 

しかし、ウィンターノーズの場合は冬が過ぎ、温かくなって再び日光浴ができるようになり、紫外線を浴びることで元の黒い色に戻ると言います。

 

もちろん、個体差がありますので、暖かい季節になっても戻らない場合もあります。

 

もう一つは、色素の関係ですね。

 

我が家のダックスも、ゴールドの子がいるのですが、仔犬の頃は真っ黒な鼻をしていたのですが、成長と共に赤茶色に変色してきました。

 

十分に日光浴をさせている時期でも、色が戻らなかったため一度診察してもらったことがありましたが、どこにも異常がなく、食事も問題ないとの事でした。

 

ゴールドという色の場合は、カラーの関係上、鼻の色が抜けて行くことがあると知りました。

 

この場合は、遺伝子の関係上、仕方のないことです。

 

見た目は変わってしまいましたが、健康上は問題ないので本人はいたって元気にしています。

 

鼻の色が変わっても愛情に変わりはないので、特に今は気にしていません。

 

食事の栄養バランスによっても、色素が薄くなり鼻の色が変色するという説もありますね。

 

また、元々色素が薄い場合は、鼻が変色しやすいと言われています。

 

今のところ、鼻が変色するのを防ぐ方法はありません。

 

爪や肉球の色が黒い犬は鼻が変色しにくいと言われています。

 

犬の鼻の色が変色したからと言って、必ずしも病気というわけではありません。

 

しかし、どこか様子がおかしかったり、具合が悪そうな場合は、すぐに病院で診てもらった方が良いでしょう。