犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

避妊手術や去勢手術は必要ですか?

 

避妊手術や去勢手術については、飼い主さんの考え方も色々あると思うので、私の経験したことをお話しておきますね。

 

私も以前は、避妊手術や去勢手術は必要ないという考えを持っていました。

 

「持って生まれたものを取ってしまうのは、残酷ではないか?」とさえ思っていたくらいです。

 

ただし、多頭飼いであること、オスとメスであること、血のつながった兄妹犬であることもあり、オスの去勢手術だけをし、メスはそのままで暮らしていました。

 

オスの去勢手術をするのも、相当悩み考えましたが、万が一交配してしまった場合を考え、1頭だけだったオスを去勢することにしたのです。

 

この時、いずれはメスも避妊手術をした方が将来的な病気予防にもなるので、一応選択肢に入れた方がいいとアドバイスをもらったのですが、特に問題なかったのでそのまま過ごしていました。

 

しかし、数年後、2匹のメスが子宮蓄膿症にかかり、1頭は命を落とし、もう1頭は助かりましたが、とても辛い思いをさせてしまいました。

 

もっと早いうちに避妊手術をしていれば、命を落とすこともなかったし、苦しい思いをさせることもなかったと後になってとても後悔しました。

 

その時から、避妊手術や去勢手術は必要であると考えるようになったのです。

 

しかし、必ずしも病気になるとは言えませんし、病気にならないとも言い切れない部分もあります。

 

あくまでも可能性という部分になりますが、私の犬のようになることもあるかもしれません。

 

オスの場合は、前立腺系の病気になる可能性もありますが、去勢手術をすればその確率はかなり下がります。

 

最終的に決めるのは飼い主さん自身ですが、後になって後悔しないためにも、仔犬を産ませる予定がないのなら、選択肢の一つとして考えておくのもいいと思います。