犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬がアレルギーを起こす原因は何ですか?

 

犬にも犬種によってアレルギーを起こしやすい、アレルゲンがあると言います。

 

アレルギーの原因は、アレルゲンが体内に侵入した時、それを排除するために免疫機能が働くのですが、免疫機能に異常がある時、必要以上に反応してしまうためにアレルギーが出てしまいます。

 

人間のアレルギー反応と全く同じですね。

 

何を食べても、どんな環境でも何も起きない丈夫な子もいれば、食事やハウスダストなどでアレルギーを起こす子もいますね。

 

これは犬種だけでなく、持ってまれた体質なども関係しているようです。

 

実際のところ、アレルギーを起こす明確な原因はわかっていませんが、アレルゲンを持っている物に対しアレルギーを起こすのなら、そのアレルゲンをできるだけ排除していくことで、アレルギーの症状も軽くなっていくようです。

 

ノミアレルギー、食物アレルギー、花粉症、ハウスダストなど犬のアレルギーにも色々な原因があります。

 

まずは、何に対してのアレルギーがあるのかを知ることが大切ですね。

 

食事ならな食事の改善、飼育環境に問題があるのなら、飼育環境の改善をします。

 

ノミアレルギーの場合は、ノミの駆除をします。

 

大切なのは、しっかりと診察をしてもらい獣医師の指示に従うと言う事です。

 

飼い主さんの思いこみで、全く違う事をしているという事も考えられるので、必ず診察をしてもらい獣医師に相談してから対処していくようにしましょう。