犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ワクチン接種による副作用はありませんか?

 

現在のところ、日本では毎年1年に1回のワクチン接種をするというのが一般的になっていますね。

 

しかし、アメリカではワクチン接種は3年に1回とされ、それが一般的になっているようです。

 

国が違えば、習慣や考え方も違うのは、仕方のないことなのかもしれませんね。

 

しかし、アメリカはペット先進国であり、日本よりもペットを尊重している部分もあります。

 

これを聞いてしまうと、3年に1回で良いのなら、そうしようかとも思ってしまいますね。

 

ワクチンと言うのは、微量ながらも病気のウイルスなどを体内に入れ、そのウイルスや病原菌に対する抵抗力を付けるために行うものです。

 

当然のことながら、犬にも個体差があるので、全ての犬がワクチン接種後、何も問題がないとは言い切れない部分もあります。

 

実際に我が家の犬も、仔犬の頃に生まれて初めてワクチン接種をした後に、アナフィラキシーショックと言われるものを起こしました。

 

ワクチン接種後、しばらくしたら顔がパンパンに腫れてきたのです。

 

ムーンフェイスと言われるものらしいのですが、危険な状態とのことでしたので、すぐに処置をしてもらい大事には至りませんでした。

 

その後、ワクチン接種をする前に、ステロイドの注射を前もって受けることで同じ状態にはなりませんでしたが、毎回ステロイド注射をするのに抵抗があったので、ワクチンの種類を変えてもらいました。

 

その後は、ワクチンを打っても何も起こらなかったので、ワクチンの種類などによっても副作用の強いものがあるのかもしれませんね。

 

しかし、すべての犬に副作用が起きるというわけではありません。

 

あくまでも可能性なので、ワクチン接種後はしばらく安静にして、様子がおかしい時はすぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。