犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の手術後のケア方法は、どうすればいいですか?

 

手術後のケアについては、受けた手術が大掛かりであれば、ある程、傷口も大きくなるでしょうし、犬の体にかかる負担も大きくなります、

 

当然、完治するまでに時間もかかりますので、手術後は人間と同じようにできるだけ無理をさせないで、安静に静かな環境を作ってあげることが大切です。

 

犬は痛みに鈍感だとか、痛みをあまり感じないという人もいますが、それは人間の都合のいい解釈だと思います。

 

犬だって傷口があれば傷みますし、病気になれば苦しい思いをします。

 

人間と同じように考えてみてください。

 

また、犬は傷口があると、自分で舐めようとするので、エリザベスカラーを付けることもありますね。

 

この姿は、一見とても不自由で可哀そうだと思う人も多いと思います。

 

でも、もしも飼い主さんの勝手な判断で、エリザベスカラーを取ってしまい、犬が傷口を舐めてしまったら、傷口から細菌が入り込み化膿してしまうかもしれません。

 

糸がほどけて傷口が開いてしまうかもしれません。

 

本当に可哀そうなのはどちらか?よく考えてみましょう。

 

犬の手術後のケア方法は、かかりつけの獣医さんか、病院のスタッフの人に聞くのが一番確実でしょう。

 

退院する時に、家でのケア方法などの説明が必ずあると思うので、少しでも疑問や不安があったらその場で質問したり、後から電話でも問い合わせることができると思うので、直接質問してみてください。