犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

麻酔使わず犬の歯石を取る方法はありますか?

 

犬の歯に付いた歯石を取る方法は、人間と同じようにスケーラーという器具を使って取っていきます。

 

飼い主さんや、獣医さんに口や口の中を触られてもおとなしくしていることができるのなら、手動で行うスケーリングという方法もありますが、スケーラーを使って歯石を除去できても、歯の表面には目に見えない細かい傷が残ります。

 

これをこのままにしておくと、歯の表面がデコボコした状態のままになるので、結果的に歯垢や歯石が付きやすい状態になってしまいます。

 

スケーリングの後は、歯の表面についた目に見えない細かい傷を、専用のペーストとブラシを使って研磨する必要があります。

 

これは人間でも同じなのですが、スケーリングの後をそのままにしておくと、結局また同じことの繰り返しになってしまいます。

 

犬のしつけ方や犬の性格にもよりますが、完全に歯石を除去することを考えるのなら、全身麻酔で眠っている間に完全に歯石を除去してもらい、研磨までしてもらう方が良いでしょう。

 

犬の体質や、年齢によっても麻酔を使うのが危険になることもあるので、やはり仔犬の頃から歯磨きの習慣をつけ、歯をキレイにしておくことが大切ですね。

 

中には、口の中や歯を触られるのを極端に嫌がる犬もいますので、無理やり取ろうとすると噛まれて怪我をすることもあるので、無理強いはやめましょう。