犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の強制給餌って何ですか?

 

犬の強制給餌とは、名前の通り強制的に食事を食べさせることです。

 

一見残酷なことのように思う人もいるかもしれませんが、食事ができない状態が続くと生命の危機に関わります。

 

色々なケースがありますが、自力で食事ができない時は、強制給餌という方法を取ります。

 

つまり、強制的に食べさせるという事ですね。

 

多くの場合は、高齢犬になり自力で食事ができない場合に行われています。

 

ペースト状のドッグフードや、缶詰のドッグフードを、犬の口を開け上あごにこすりつけ、犬が舐めることで食事ができるようにする方法があります。

 

口を大きくあけることができない場合は、シリンジなどを使い流動食状のものを流し込む方法もあります。

 

病気で食欲が出ない時に、強制給餌を行う場合もあります。

 

いずれの場合も、食欲がない時は、口に入れても吐き出してしまったり、なかなか思うように食べてくれないこともあります。

 

高齢犬の場合は、年齢的なこともあるので、寝たきりになったら介護も必要になります。

 

犬を飼うと決めた時に、こういう日が来るという事も覚悟しておかなければいけません。

 

いくら強制的に食べさせる必要があるといっても、一度にたくさん詰め込んだりしてはいけません。

 

少しずつでもいいので、根気よく食べさせていくことが大切になります。