犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬のよだれが酷い場合は、どんな病気の可能性がありますか?

 

犬がよだれを垂らす時は、ごちそうや大好物を目の前にして、マテをしている時か、もしくは何かの病気の症状の場合が考えられます。

 

どこにも異常がない場合は、犬種によってマズルや下くちびるの特徴から、よだれを多くたらす犬種もいます。

 

この他には、犬は汗をかかないので、夏の暑い時期にはよだれを垂らすことで体温調節をすると言われています。

 

しかし、明らかに様子がおかしい時には、何かの病気の可能性が高いかもしれません。

 

症状によだれを垂らすというのがある病気をいくつかあげてみましょう。

 

狂犬病、ジステンパー、中毒、熱中症、てんかん、食道や咽頭の炎症、肝炎、肺水腫、レプトスピラなどが考えられます。

 

臭いがきついよだれの場合は、歯周病の場合もあります。

 

しかし、よだれを見ただけではどんな病気か判断することは難しく、ましてや飼い主さんが何の病気であると診断することはできません。

 

少しでもおかしい所があったり、異常を感じた時には、動物病院に連れて行き、診察や検査を受けて、その原因を確かめることが大切です。

 

よだれを垂らすと言うだけでは、どんな病気か判断できない場合でも、きちんと検査をすることで病名が分かることもあるので、まずは病院に連れて行くことを考えましょう。