犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

仔犬の価格は何で違うのですか?

 

まず犬には、色々な犬種がありますね。

 

大きさ、体格、被毛の種類だけでもたくさんの犬種があり、同じ犬種でも様々な違いがあったりするので、かなりの数になります。

 

犬を飼うと決めた時、どの犬種にするかは人それぞれの好みなどもあるので、自分の好きな犬種や、飼育環境によって犬種を決めていきます。

 

当然、犬にも流行のようなものがあって、人気のある犬種は確実に売れることから、値段設定も高めになっていることがあります。

 

あまり良い言い方ではないのですが、残念ながらブリーダーや繁殖者の考え方によっては、とても質の良い犬もいれば、悪い犬もいるのです。

 

ここで言う質とは、その犬種が持つ血統や、遺伝性の病気のことです。

 

中には、質の悪い犬を高価な値段で売りつけようとする悪質なブリーダーもいます。

 

本当の意味で質の良い犬は、それなりに値段も高くなることがあります。

 

一般家庭で飼育されるペットタイプの犬は比較的値段もお手頃価格になりますが、ショータイプの犬の場合は値段も高価になる傾向があります。

 

また、犬種によってはとても希少価値の高い、珍しい毛色の仔犬が生まれることがあります。

 

数が少なく滅多に産まれない毛色の場合は、驚くほど高価な値段になることも珍しくありません。

 

仔犬の価格が違ってくるのは、こうういった理由があるからなのです。