犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬を無料(タダ)でもらうには、どうすればいいですか?

 

どうしても犬を無料でもらいたいと思うのなら、まずは保健所や動物管理センターに行って、捨て犬や保護されている犬の里親になることを考えてみてください。

 

この場合、仔犬である可能性は低くなりますが、飼い主に見放されたり、飼育放棄されてしまった可哀そうな犬たちを救う事ができます。

 

しかし、飼育環境や家族構成なども関係してくるので、誰でも里親になれるとは限りません。

 

犬を飼う以上、それなりに飼い主としても義務と責任も考えなくてはいけないので、無料だからと言って軽く考えず重く受け止め、覚悟を持ってほしいですね。

 

どうしても仔犬を希望するのなら、かかりつけの動物病院などで、近所で仔犬が生まれた情報がないかなど聞いてもらう方法もあります。

 

ブリーダーではなく、一般家庭で生まれた仔犬の場合は、販売許可がなく、販売の資格もないので犬を販売することはできません。

 

この場合、気持ち程度で菓子折りや、今までにかかった飼育代としてお金を包むこともあるようですが、基本的に仔犬は無料になります。

 

素人が仔犬を販売するのは法律違反になるので、よく覚えておきましょう。

 

一般家庭で生まれた場合は、無料で譲ってもらえると思います。

 

ただし、一般家庭で生まれた仔犬の場合、飼い主さんが繁殖に関しての知識がない場合、遺伝性の病気を持って生まれてくる仔犬もいるので、こういう面でのデメリットはあると覚悟しておきましょう。