犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬を車酔いさせないためには、どうすればいいですか?

 

私の経験から言わせていただけるのなら、車酔いさせないことも全て仔犬の時からの習慣だと思います。

 

仔犬の頃から、車に乗せて色々な場所に一緒に出かけていると、車酔いをすることもなく、自分から車に乗ろうとするくらい、車が大好きになります。

 

でも、成犬になってからいきなり車に乗せようとすると、どうしても車酔いをして、車の中で吐いてしまう事が多いような気がします。

 

酔い止めを飲ませるという方法もありますが、実際に試してみましたが、眠っている間はいいのですが、どうしても車の振動なので目が覚めると、吐いてしまいます。

 

少しずつ慣らしていけばいいかと思い、最初はエンジンをかけずに車の中で数分過ごし、時間を延ばしながら、様子をみてエンジンをかけたりしていき、少しずつ走るようにすると、短時間ならば酔わずにいられるようになりました。

 

この時、ケージなどに入れず、誰かに同乗してもらい、膝の上に抱き、話しかけたり、窓の外の景色を見せたりすると、少し時間が長くても車酔いをしないでいられるようになりました。

 

ケージに入れてしまうと、エンジンをかけた途端に吐くこともあるので、そういう状況も関係しているのかもしれませんね。

 

人間と同じで犬も車酔いをすると、とても苦しくて辛そうにしているので、できるだけ仔犬の時から習慣づけておくのが一番いいと思います。