犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬が迷子になった場合は、どうすればいいですか?

 

もしも愛犬が迷子になってしまったら・・・どうしていいかわからず慌ててしまいますね。

 

とりあえず近所を探すという事もできますが、まず最初に動物保護管理センターや保健所、警察などに連絡を入れ、犬が迷子になったことを連絡しておきましょう。

 

犬の登録、狂犬病の予防接種をした時に、鑑札をもらいますね。

 

この番号も控えておくといいでしょう。

 

また、必ずしも迷子になるとは限りませんが、万が一にために備えて、首輪に名前と連絡先を明記しておくとか、IDカプセルのようなものを犬につけておくといいですね。

 

小さいカプセルの中に、飼い主さんの住所、連絡先、犬の名前や生年月日などを記入する紙が入っていて、そこに記入をしておけば、万が一犬が迷子になった時にも、保護された場合はすぐに連絡が入ると思います。

 

最寄りの市町村のホームページなどでも、迷い犬の情報を公開していることがあるので、チェックするなどしてみましょう。

 

こういう時のためにも、犬の登録が大切だという事がわかりますね。

 

念のためにかかりつけの動物病院などにも、犬が迷子になったことを連絡し、もしも見かけたり保護された時には連絡が付くようにしておくといいと思います。

 

脱走癖のあるワンちゃんの場合は、自力で帰ってこられなくなってしまう事もあると思うので、IDカプセルなどを体につけておくといいかもしれません。