犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬と海外へ移住する場合は、どんな手続きをすればいいですか?

 

仕事で海外赴任をしたり、海外に移住することになった時、愛犬を一緒に連れて行くという事もありますね。

 

犬は飼い主さんと一緒に、飛行機に乗ることができません。

 

ケージなどに入れられ、一応空調などは付いている場所に乗せられますが、相当ストレスを感じることと思います。

 

海外に移住するためには、仕方のない事かもしれませんが、十分に犬をいたわってあげてほしいと思います。

 

犬は、出国前と入国時に動物検疫所で伝染病(狂犬病やレプトスピラなど)の検査を受けなければいけません。

 

日本を出国するにも、外国に入国するにも、狂犬病の予防接種を受けていることを証明する必要があります。

 

接種後1ヶ月以上〜12ヶ月未満であることが条件になるので、海外に移住すると決まったら、早めに予防接種を受けさせてあげましょう。

 

日本からの出国、外国への入国に関しては、農林水産省の動物検疫所のホームページに詳しい手続きなどが紹介されているので、そこを見るのが早いと思います。

 

手続きや書類など、準備は色々と大変になりますが、日ごろからしっかりと予防接種を受け、健康管理をしているのなら、少しだけ寂しく不安な思いをさせることになりますが、検査自体はスムーズに行くことが多いようですね。

 

愛犬のためにも、一緒に海外移住をするのなら余裕を持った準備をしてあげたいですね。