犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

断耳、断尾をする犬種がいるのは何故ですか?

 

例えば、ドーベルマンやミニピンのピンと立っている耳は、生まれつきのものではなく、断耳をして人が形作ったものなのです。

 

コーギーなど、尻尾の短い犬も生まれつき尻尾がないのではありません。

 

産まれてすぐに麻酔もなしでハサミ切断され、止血のため焼かれるのです。

 

何故、このような残酷とも思えることが当たり前のようにされているのでしょうか?

 

断尾、断耳をするのは主に猟犬や牧羊犬、作業犬になります。

 

猟犬の場合は、猟に行った時、藪を駆け回るので、その時に尻尾を傷つけてしまう事も多かったようですね。

 

猟犬は狩猟対象の獲物に飛び掛ることもあり、その時に尻尾や耳を噛まれて怪我をしやすいといった理由から、断尾や断耳をしてきたと言われています。

 

その習慣が根強く残り、ペットとして飼育されているにもかかわらず、その姿をスタンダードとしてきたために、一般家庭に飼われるペットも、断尾や断耳をしてきました。

 

しかし、現在ではペットとして飼育されている以上、危険性がないので、断尾や断耳ははっきりって全く必要ないものという考えも出てきています。

 

海外の多くの国では、動物愛護法などの法律で、断尾や断耳を禁止している国もあるようですね。

 

是非、日本もこの法律ができてほしいと思うのですが、動物に関する法律はまだまだ遅れているので無理かもしれません。

 

しかし、飼い主さんの中でも、断尾や断耳を行わない人も増えてきているのはちょっと嬉しいことです。