犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

動物愛護法って何ですか?

 

動物愛護法は略称で、正式名称は「動物愛護管理法」と言います。

 

動物愛護法は、昭和48年に議員立法で制定された法律です。

 

環境省自然環境局のホームページによると、「動物の愛護及び管理に関する法律」とあります。

 

動物虐待を防止するためや動物の適切な取り扱いなどするための法律という事ですね。

 

動物への虐待や遺棄は犯罪とされ、みだりに殺傷した者は1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。

 

動物虐待には、とても幅広い意味があり、動物に関わる人すべてにその重みを知ってほしいことでもあります。

 

犬を飼ったのはいいけど、面倒くさいので食事を与えなかったり、水もろくに取り替えないのは立派な動物虐待です。

 

飼えなくなったからと、無責任に犬を捨てる行為も動物虐待です。

 

もちろん、犬に手をあげるのも度を超えれば虐待になるのは言うまでもありません。

 

こういった悲惨な状態から動物たちを救うための法律という事です。

 

つい最近、動物愛護法が改正されましたが、実際にはまだ施行されていないので、一刻も早く厳しく取り締まって欲しいものです。

 

その一つに、悪質なブリーダーやペット業者を排除するために、今までは申請すれば誰でも許可が下りていましたが、改正後は登録制になるので、悪質業者は登録できないようになっていきます。

 

ペットを販売するには、研修を受け動物取扱責任者がいなけれな営業すらできない状態になります。

 

悪徳業者を一人でも減らすためにはとてもいいことだと思いますが、是非とも厳しく取り締まり、抜け道ができないようにしてほしいものですね。