犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ラッピングって何ですか?

 

ラッピングと言うのは、プレゼントや贈り物をキレイに包むことを言いますが、犬のラッピングも同じような意味を持っているのかもしれませんね。

 

とは言え、犬を包装紙で綺麗に包むと言う訳ではありません。

 

ラッピングとは、毛の長い犬種の被毛を汚れないように紙で包み巻くと言うことです。

 

ラッピングをする犬種と言えば、ヨークシャーテリアやマルチーズが一般的ですね。

 

ショードッグにもなると、動く宝石とも呼ばれるほどの美しい、まるでシルクのような輝きを持つ被毛を保ち保護するためには、欠かせないものなのです。

 

ショードッグの場合は、普段はラッピングしている姿しか見たことがないと言うほど、常にラッピングをしていますね。

 

もちろん、一般家庭で飼育されている、ヨークシャーテリアやマルチーズでも、ラッピングはできます。

 

この場合は、人間で言う前髪にラッピングをすることが多いかもしれませんね。

 

前髪をまとめてラッピングしているヨーキーやマルチーズなら見たことがあると思います。

 

これは、目や口に毛が入らないように、目ヤニや唾液などで毛が汚れないようにする目的もあります。

 

ラッピングをする時には、専用の柔らかい紙を使い、コームで毛を少しずつ取っていき、丁寧に巻いて行きます。

 

紙を折り返しながら丁寧に巻いて行き、専用のゴムで止めまとめます。

 

この時、毛を傷めないように専用のオイルを使うと、さらに綺麗にラッピングできるので、オイルを使ってみるのもいいかもしれませんね。