犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の遺骨はいつ埋葬すればいいですか?

 

人間の場合なら、49日が過ぎたら納骨をしますね。

 

でも犬の場合は、こういう決まりがないので、いつという期限も特にありません。

 

ペット霊園で火葬してもらう事もできますが、合同葬の場合には個別に骨を拾う事ができません。

 

どうしても遺骨を持ち帰りたいのなら、個別葬をしてもらうといいでしょう。

 

多少費用はかかることになりますが、大切な家族の一員なのですから、それくらいはやってあげたいという飼い主さんも多いようですね。

 

ペット霊園によって違いがあるので、一定ではありませんが、火葬後にお墓を用意し、そこに埋葬することもできますし、遺骨を家に持ち帰ることもできるようです。

 

中には、いつも身近に置いておきたい、慣れ親しんだ我が家に置いてあげたいという理由から、自宅で遺骨を保管している飼い主さんもたくさんいます。

 

一旦、遺骨を家に持ち帰り、しばらく保管して決心が付いたらペット霊園で埋葬してもらう事もできます。

 

考え方は人それぞれなので、飼い主さんが一番いいともう方法を選択すればいいのではないでしょうか?

 

自分が死んだ時に、ペットの骨と一緒に埋葬して欲しいと希望する人もいます。

 

犬の遺骨はいつまでに埋葬しなければいけないという規則はないので、飼い主さんがいいと思うようにするのが一番いいのではないでしょうか?