犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

権勢症候群って何ですか?

 

権勢症候群は、アルファシンドロームと呼ばれることもあります。

 

犬と言うのは元々、群れで生活をしていました。

 

群れには必ず絶対的な存在であるリーダーがいます。

 

犬を家族の一員として迎え入れた時、犬は家族を群れとみなします。

 

これは犬の習性なので、これから犬を飼う人も、飼ったばかりの人もよく覚えておきましょう。

 

犬は一度リーダーと認めた人に対しては従順であり、絶対に逆らう事はしません。

 

それが群れの掟であり、犬社会の暗黙のルールなのです。

 

ですから、まず群れの(家族の)中のリーダーが飼い主であるという事を犬に教えていくことが大切なのです。

 

仔犬は見た目の可愛さから、ついつい甘やかしてしまう事もありますね。

 

犬が甘えて鳴いた時に、「どうしたの?大丈夫?」と声をかけたり、犬が要求することをいちいち反応して答えていると、犬は自分の言う事を聞いて行くれる人をリーダーとは認めません。

 

むしろ、自分の要求がなんでも通ってしまうと学習すると、自分が一番偉い、群れのリーダなのだと勘違いしてしまうのです。

 

これが、権勢症候群と言う事になります。

 

自分がリーダーなのですから、絶対であり、それに従わない場合は例え飼い主さんであろうと、誰であろうと、威嚇したり、噛みついたり、吠えたりする問題行動に発展してしまいます。

 

こうなってしまうと、飼い主さんだけでなく、犬も辛い思いをすることになります。

 

本当に愛情を持って可愛いと思うのなら、権勢症候群にならないようにしっかりとしつけをしていきましょう。