犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の賠償責任保険って何ですか?

 

犬の賠償責任保険はは、ペットのために加入するペット保険とは違い、どちらかというとペットを飼う飼い主さんに必要な保険と言っていいかもしれません。

 

例えば、飼っている犬がよその人を噛んで傷つけたり、怪我をさせてしまった場合には、悪いのは犬ではなく、そうさせてしまった飼い主に責任があると判断されます。

 

当然、怪我をさせてしまった人に対する治療費や、損害賠償費を請求されたら、それを受け入れるのも、飼い主としても責任であり義務なのです。

 

相手が人間ではなく、犬同士というケースも考えられますし、実際にこういったトラブルも起こっています。

 

もしも自分の方に非がある場合には、犬の治療費なども負担しなければいけませんね。

 

飼い主とペットのトラブルの場合は、結果的に当事者同士の話し合いになることが多いのですが、相手が悪いととんでもない高額な慰謝料を請求されたりといったトラブルもあります。

 

こういうトラブルは、いくら自分が注意していても、突然向こうからやってくることも考えられますね。

 

こればかりは予測不可能なので、できれば無いに越したことはありませんが、万が一の時に備えて犬の賠償責任保険というのを知っておくといいかもしれません。

 

毎月の保険金はかかってしまいますが、犬の賠償責任保険に加入しておくことで、何かあった時には補償をしてもらえるので、安心できるメリットはあるかもしれませんね。