犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬のキアリ奇形って何ですか?

 

犬のキアリ奇形とは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルという犬種に多いとされている犬の病気のことです。

 

どういう病気かと言うと、脳の小脳の奇形で、髄液の流れを妨げてしまうため、髄液が行き場を失い脳や脊髄に水が溜まってしまうのです。

 

この時、脳内を溜まった水が圧迫するため、脳圧が上がり神経症状が起こる病気です。

 

キアリ奇形のせいで、水頭症になってしまうケースもあります。

 

キアリ奇形である場合でも、その症状には個体差があります。

 

歩く時に少しフラフラするという程度の極軽い症状の場合もあれば、無症状の場合もあるようですね。

 

しかし、酷くなってしまうと、神経系に影響が出るため、全く立ち上がれなくなったり、ガクガクと震えるような症状が見られる場合もあるそうです。

 

普段は普通にしているのに、突然発作を起こすこともあるそうです。

 

残念なことに、キアリ奇形については原因がはっきりと解明されておらず、治療法も確立されていていないため、とても難しい病気だと言われています。

 

しかし、遺伝性の病気であるという事はわかってきているので、やはり安易な交配は結果的に犬を苦しめることになるので、絶対にしてはいけないという自覚を持ってほしいですね。

 

今現在の治療法としては、MRIで脳の様子を調べることができます。

 

症状によって、ステロイドなどの内科的治療をすることもできますし、場合によっては手術と言う選択肢もあるそうです。