犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

テレパシーで犬と会話する人がいるって本当ですか?

 

以前、テレビでテレパシーで犬と会話する人を見たことがあります。

 

家族しか知らない家庭の事情などを、その日初めて会った外国の女性が言い当てていました。

 

犬に関するエピソードや、家族しか知りえない犬の好きなおもちゃや、昔の記憶など言い当てていたので、私はこういう人がいても不思議ではないと思うし、信じたいという気持ちはあります。

 

信じるか、信じないかは人によって色々あると思います。

 

「そんなのウソに決まっている!」と決めつける人もいれば、本当に犬の気持ちがわかるのだと感心する人もいるでしょう。

 

犬と長い間一緒に暮らしていると、こういう鳴き方をする時には何をして欲しいのかと言う事がわかってきますね。

 

これも、大げさに言えば、テレパシーのようなものが働き、犬の気持ちが飼い主に伝わると考えていいのではないでしょうか?

 

犬は人間の気持ちを読み取ることが出来ると言われていますね。

 

実際に、飼い主の私が機嫌の悪い時には、言葉に出さなくても我が家の犬たちはこういう時、そばに寄ってきません。

 

その他の時は、いつもべったりなので、「もしかしたら心を見透かされているのかな?」と思う事もあります。

 

私が落ち込んで悲しく思っている時には、何も言わず膝の上で私を見上げてじっとしています。

 

普段は世話しなく動き回り、「じっとしてて!」と言っても言う事を聞かないお転婆ちゃんが、こういう事をしてくれると、とても癒されているなと感じます。

 

考えすぎと思うか、信じるかは人それぞれ。

 

テレパシーで犬と会話する人がいても不思議ではない気がします。