犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬に噛まれた傷は治りにくいって本当ですか?

 

犬に噛まれた傷は治りにくいとは、よく言われている話ですね。

 

我が家の犬たちは普段はとても仲がいいのです。

 

でも、ヒートが来た時などは、ちょっとピリピリとしてしまうからでしょうか?

 

たまに本気の喧嘩をすることがあります。

 

以前、止めに入った時、うっかり指を噛まれてしまったことがありました。

 

すぐに消毒をして、応急処置をしたのですが、その日が日曜日で病院がお休みだったこともあり、こんな指の怪我で救急車を呼ぶのもどうかと思ったので、そのまま消毒を続けて様子を見ていました。

 

噛もうとして噛んだのではなく、私が手を出して止めようとしてしまったので、たまたま指に噛みついた形になったので、犬を叱ることはできませんでした。

 

でも、なんとなくわかっていたのでしょうか。

 

噛んでしまった本人は、申し訳なさそうにしていました。

 

その日の夜は、指先がズキズキ&ジンジンととても痛み、あまり眠ることができませんでした。

 

結局、病院には行かずに、消毒を続けて傷は完治しましたが、かなり時間がかかったことを覚えています。

 

普通の指の切り傷とは違って、膿んでいましたし、指の腫れもなかなか引きませんでした。

 

今でもよく見ると爪の横に1本のスジがうっすらと傷跡として残っています。

 

犬の口の中には雑菌なども多いので、犬に噛まれた傷は治りにくいというのは本当だと思います。

 

私は傷口もそれほど深くもなく、大きくもなかったので病院には行きませんでしたが、酷く噛まれた場合などは、すぐに病院に行って治療を受けた方が良いでしょう。