犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬は寒がりって本当ですか?

 

犬が寒がりかどうかは、犬の被毛の種類や生活環境にもよると思います。

 

北極のような極寒の地で、そり犬として活躍している犬たちは、吹雪の吹く外でも丸くなり背中に雪が積もった状態でも凍死することはありませんね。

 

しかし、室内犬で冬は暖かい暖房の効いた所で過ごしている犬に、今日から外で寝なさいというのはとても残酷なことですし、最悪寒くて凍え死ぬかも知れません。

 

エスキモー犬は、寒い地域で生活をしているので、被毛もそれに合わせて寒さから身を守るように出来ているのと、そういう環境で生活をしているから大丈夫なのですね。

 

被毛で言えば、シングルコートとダブルコートに分かれます。

 

シングルコートはその名の通りで、抜け毛も少なく飼いやすいのですが、暑い国原産の犬が多いので、寒さには弱いと言って良いでしょう。

 

シングルコートの犬は、換毛期もありません。

 

ダブルコートの犬は、アンダーコートという鳥で言えば羽毛のような毛が2主に生えていて、寒さから身を守るように出来ています。

 

アンダーコートは季節の変わり目には、役目を終え、生え換わるので換毛期には、ごっそりと毛が抜け落ちるので、抜け毛がかなり増えます。

 

しかし、ダブルコートの犬でも、室内で生活して、冬は暖かい部屋で過ごしている場合には、朝晩の暖房を切っている時には、寒さで震えていることもあります。

 

我が家のダックス達も、ロングコートのダブルコートですが、室温が低い時には寒そうにしていますし、こたつから出てきません。(笑)

 

また、体脂肪の少ない小型犬や仔犬、高齢犬は寒がりの傾向にあるので、部屋を暖かくしてあげましょう。

 

寝る時にはペット専用ヒーターを使うなどして暖かくして、風邪をひかせないようにしてあげましょう。