犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬をブリーダーから購入するメリットとデメリット

 

【犬をブリーダーから購入するメリット】

 

・一つの犬種だけ繁殖し、育てているので知識に富んでいて色々なことを知っている。

 

・母犬だけでなく仔犬の家系のことがよくわかるので、仔犬の持つ素質や成長した時の姿を想像しやすい。

 

・ブリーダー価格は高いというイメージがあるが、良心的なブリーダーは低価格で犬を譲ってくれる。

 

・どんな人に育てられ、どんな環境で育ったかを実際に確認することができる。

 

・アフターフォローもあるので、安心して仔犬を購入できる。

 

・母犬や兄妹犬と長く一緒にいるので、健康で社会性もある程度身についている。

 

上記のメリットは、良いブリーダーに関しての場合です。

 

ブリーダーといっても色々あり、中には悪いブリーダーも存在していますので、見極めることも大切なことです。

 

【犬をブリーダーから購入するデメリット】

 

・良いブリーダーにめぐり合えるまでに、時間がかかる。

 

・ブリーダーと巡り合えても、すぐに仔犬を購入できないこともあるので、待つ場合もある。

 

・ブリーダーが遠方の場合は、通うのにも時間も交通費もかかってしまう。

 

・ショータイプの犬は、値段がかなり高くなる。

 

・仔犬に会いたい時でも、すぐに行けない(事前の予約が必要)。

 

上記のようなデメリットもありますが、個人的には手間と時間をかけてでもいい犬とめぐり合うためには、信頼できるブリーダーを探し、直接ブリーダーから購入することをオススメします。