犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

興奮しやすい犬はいますか?

 

興奮しやすいかどうかについては、犬種というよりも犬の年齢や性格によると思います。

 

仔犬は見るもの聞くもの初めてのものばかりで、好奇心旺盛なので、毎日が発見であり嬉しい事があったら、思わずはしゃいでしまう事もあります。

 

仔犬の時期に限って興奮しやすいこともありますが、この場合は成長と共に治まってくるので、それほど神経質にならなくても済むと思います。

 

一番関係しているのは、犬の持つ性格ではないかと思います。

 

わんぱく、お転婆な性格の場合には、嬉しいことがあると、とにかく嬉しくて感情を抑えることができず、興奮してしまう事もあります。

 

ドタバタと動き回り、部屋中を駆け回り、時には飼い主さんにタックルしてみたり、嬉しいことを体で表現しようとします。

 

見ている分にはとても可愛いのですが、この時しっかりと飼い主さんが犬を落ち着かせてあげることも大切です。

 

小型犬ならなんとか対処できるかもしれませんが、大型犬が興奮して大騒ぎをしたら結構大変ですものね(笑)

 

犬の性格もあるので、一概には言えませんが、興奮しやすい犬の場合には、サークルに入れて声をかけず無視するのが一番効果的でしょう。

 

どんな時に興奮するかにもよりますね。

 

大好きなお散歩の時には、つい嬉しくてぐるぐる回って嬉しい〜!を表現することもあります。

 

この場合は少しくらいなら、大目に見てあげるのもいいかもしれませんね。

 

状況によって、飼い主さんが判断して行くことも大切です。