犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

番犬向きの犬は何ですか?

 

番犬と言うイメージで思い浮かぶのは、ドーベルマンだったりします。

 

ロットワイラーも映画では番犬としてよく登場しますね。

 

見た目の迫力で言えば、シェパードも警察犬として勇敢に犯人に立ち向かっていく姿を見たことがあるので、番犬に向いているかもしれません。

 

でも、必ずしも大きい犬だから番犬になれるとは限らないのです。

 

私の知っている限りで言えば、獰猛で怖いイメージのあるドーベルマンも、中には臆病で人なつっこく、飼い主にべったりの超甘えん坊の子もいますし、知らない人が来ても、尻尾を振ってお出迎えしていました。

 

ロットワイラーもシェパードも何もせずに番犬になるわけではありません。

 

警察犬の場合は訓練をして初めて、警察犬として活躍できるのです。

 

小型犬でも、吠えるという意味ではダックスやビーグルはよく吠えますね。

 

柴犬なども縄張り意識が強い子の場合には、知らない人が近づくと、とにかく吠えます。

 

見た目は大きい柴犬と言ったイメージのある秋田犬も番犬のイメージがあるかもしれませんが、意外と性格が穏やかで人なつっこいので、実際には番犬に向いていない子も多いようです。

 

しっかりと番犬として飼うというのなら、それなりの訓練を受けさせるといいかもしれませんね。

 

ただし、集合住宅などでは、よく吠える犬の場合、近所迷惑とされることもあるので、住宅事情なども考えた方がいいかもしれません。