犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

この世で一番大きな犬は何ですか?

 

私の知る限りでは、アイリッシュウルフハウンドか、グレードデンがこの世で一番大きな犬だと思います。

 

犬の図鑑などには、世界一大きい犬はアイリッシュウルフハウンドとされていますね。

 

しかし、ギネスブックには世界一大きい犬として、グレードデンが記載されています。

 

両者を比較してみましょう。

 

アイリッシュウルフハウンドは、原産国がアイルランドの犬です。

 

体高がオスで81.3センチ以上、メスで76.2センチ以上とされています。

 

体重は、オスで54.4キロ、メスで47,6キロが理想とされています。

 

グレードデンは、原産国がドイツの犬です。

 

体高がオスで76センチ以上、メスで71センチ以上となっていますね。

 

体重は、オスで55kg以上、メスで46キロ以上が理想とされています。

 

どちらも負けず劣らずの大きさですね。

 

しかし、これはあくまでも基準であり、犬にも個体差があるので、大柄な子もいれば、小ぶりな子もいます。

 

ギネスブックのグレートデンが気になったので調べてみました。

 

体高が109センチメートルで、体重は111キロ、鼻の先から尻尾までの長さが220センチメートルもあるとても大きな犬でした。

 

こういうケースもあるので、犬の体格も個体差があるという事がわかりますね。

 

写真や動画も見ることができましたが、飼い主さんもかなり大柄な人なのですが、他の犬と比べた時にその大きさには相当の迫力があることがわかります。

 

気になる人はチェックしてみてくださいね。