犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の里親になるメリットとデメリット

 

犬を家族に迎え入れる時、仔犬を購入するだけが方法とは限りません。

 

その中の一つが、里親になるという事です。

 

では、犬の里親になるメリットとデメリットについて考えて行きましょう。

 

【犬の里親になるメリット】

 

・一部例外もありますが、無料で犬を譲ってもらえる。

 

・里親募集をしている犬の場合は、成犬であることが多いのでしつけの手間がかからない。

 

【犬の里親になるデメリット】

 

・里親募集に出される犬はほとんどが成犬なので、仔犬の時の可愛い時期や成長する過程をみることはできません。

 

・前の飼育環境にもよりますが、虐待を受けていた場合、人に対して不信感や恐怖心があるので、信頼関係を築くのにとてつもなく時間と苦労がかかります。

 

苦労はしますが、信頼関係が築けた時の喜びは言葉では言い表せないでしょう、

 

とても難しい事ですが、その分、愛情も増しますのでかけがえのない存在になってくれるでしょう。

 

・しつけがきちんとされていない場合は、しつけに苦労することもあります。

 

・病気を持っている場合、里親になったあなたが動物病院に連れて行き、治療を受けさせないといけないので、治療費がかかることもあります。

 

・里親になりたいと申し出ても、飼育環境や家族構成、住宅事情などで断られる可能性もあります。

 

・欲しい犬種が欲しい時にいない。

 

上記が犬の里親になる主なデメリットです。

 

里親になるといっても、一つの命を背負う事には何ら変わりありません。

 

よく考えた上で決めて行きましょう。