犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の名前の付け方

 

犬の名前を決める時には、色々と考えてしまいますね。

 

でも、あまり長い名前を付けても、結局短縮して呼んだり、ニックネームで呼んだりという事になるので、犬の名前は短くてわかりやすい名前がいいと思います。

 

その理由の一つとして、犬が人の声を聞き取る時、私たち人間と同じようには聞こえていないからです。

 

犬は、母音だけを聞き取るので、例えば、「ポチ」の場合は、犬には「オチ」と聞こえると言われています。

 

ですから、ちょっと長めの名前を付けて呼んでみたところで、犬には何の事だか理解できず、自分の名前をなかなか覚えられないなんてこともあるかもしれないのです。

 

犬が聞き取りやすいように、名前は2文字〜4文字くらいにするといいかもしれませんね。

 

一応、正式名は長い名前でも、犬を呼ぶ時には、わかりやすく短縮したニックネームで呼ぶというのもいいかもしれません。

 

少し前の犬の名前ランキングを見てみました。

 

オスとメスでも多少違いがありますが、オスのランキングでは、コロ、ラッキー、モモ、チビ、ジョンとなっています。

 

メスは、モモ、ナナ、ハナ、ベル、ラブといった感じですね。

 

オスの方は、オオ、アッイー、オオ、イイ、オンと聞こえているのでしょうか?

 

ベルは、エウと聞こえるとしたら、最初からエウという名前もありかな?と思ったりします(笑)

 

名前の由来にこだわりもあると思いますが、犬が聞き取りやすく、わかりやすい名前がいいようですね。