犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

トイレの設置場所

 

トイレの設置場所についてには、色々な考え方があるので、どれが正しくて、どれが間違っていると言えない部分もあります。

 

サークルの中にトイレを設置するのはよくないという意見もあります。

 

しかし、私の場合は仔犬の頃は大きめのサークルを用意して、その中を仕切り、ハウスとトイレにしていました。

 

今はトイレとハウスは別にしていますが、最初からハウスとトイレを別にするという考え方の人もいるようですね。

 

これは、トイレをどうしつけていくかにもよるので、色々な方法があってもいいと思います。

 

私の場合は多頭飼いという事もあって、先住犬が比較的トイレをきちんと覚えてくれたので、仔犬たちはそれを真似して覚えて行ったので、最終的にトイレの場所を変えた時も、それほど苦労はしませんでした。

 

犬の習性として、自分が寝る場所ではトイレをしません。

 

この為、仔犬のうちは、ハウスの前にトイレ(ペットシーツ)を設置していたので、自然とペットシーツの上でする習慣が付いてたようです。

 

習慣が付けば、極端に場所を変えない限り、匂いを頼りにトイレに行くようになるので、最初の習慣がポイントになると思います。

 

最初から、トイレを別にする時は、あらかじめペットシーツに、オシッコの匂いをつけておくか、スプレーでおしっこの成分を噴霧してトイレの練習ができるものもあるので、そういうものを使って覚えさせてもいいかもしれませんね。

 

ただ、仔犬のうちはトイレに行こうとしても間に合わないことも多々あるので、サークルの中にトイレを設置する方が覚えやすくていいかと思います。

 

それぞれのライフスタイルにあった、トイレの設置場所を決めてみてください。